2013年08月13日

切られたスポンジ

うちの台所にある食器洗い用の安いスポンジ。 このスポンジが最近よく切断というか、見事な切れ目が入るようになったのです。 その原因は、...よくよく考えるとおいらにありました。σ(^^;;) 包丁を研いだ結果、切れ味がよくなったのでした。実はいままで、包丁はシャープナーをつかっていて十分だと思っていたのですが、 先日興味がてらに砥石を初めて使ってみたのです。 当然研ぎ方なんてよく知らないから、まずはyoutubeで勉強。 砥石を水に浸しておいてから、刃先の角度を15℃に固定して研げばよいだなと、 まずは、刃のかけた果物ナイフで挑戦。 シャコシャコシャコ研いでみると、なるほどあっ切れる。 何回か繰り返していると、刃の角度がブレると角が丸くなって切れ味が落ちることもわかり、ある程度コツがわかったですよ。 そこで、調子に乗ったおいらは、他の切れ味が落ちてきた包丁にもチャレンジ。 すぐに切れなくなった穴あき包丁やら、なんかのお祝いでもらった三徳包丁やら、菜切り包丁。 まぁ、うちにある包丁はセラミック包丁を除いてすべて切れ味が今ひとつだったので、 ダメにしてもいいや的なノリで研ぎまくりました♪ 結果、ダメダメだった穴あき包丁で、柔らかい食パンも薄切りできるようになったし、 貝を抉るのにつかって刃がかけまくりだった果物ナイフすらもセラミック包丁よりもよく切れるようになりました☆ 途中から、あまりの切れ味に調子をのって、いろいろ研いでみたのもありますが、 なれるとわりと手軽に研げるものですね。 で、調子にのって研ぎまくった結果、洗うスポンジにいつの間にか切れ込みがはいるような自体になっていたんですね?。 お刺身を来る時も薄く切れるし、 包丁を研ぐことを覚えるだけでさくさく薄く切れるので、 料理のレベルが2段ほど上昇した気がしますですよ。 結果、ほめられてまた家事スキルがレベルアップ!!(させられた?)
posted by たぬべえ at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93555003

この記事へのトラックバック
タグクラウド