2013年07月07日

国分寺跡からフクロウに挨拶

小狸の要望で、今日は武蔵国分寺の遺跡めぐりでした。 国分寺がどんな遺跡かは、 ブラタモリでの紹介でも見てもらえばわかるので省略。 この暑い日中お鷹の道という、細道をてけてけ家族で歩きましたですよ。途中、暑さにバテた姫たぬきの休憩を兼ねて、おたカフェで休憩。 スパイスの使い方が上手で、チャイとかポタージュスープがうまかったです。 おたカフェでチケットを買って入るのが、おたかの道湧水園。 その中にある資料館では、 武蔵国分寺の跡から発掘された瓦やらなんやらが展示してあって、小狸の一番のおすすめポイントでした。 コレクター気質の小狸は、色々と解説資料をもらってウハウハ。 その横で、おいらはミニチュアの写真を撮ってました。 国分寺 この写真には写ってませんが、国分寺には七重の塔が建っていたそうです。 60m近い高さだったこの塔、ミニチュア模型が外にあったりして遺跡のシンボル的なものだったらしいのですが、 実は階段などがなく、中に入っても上がれないとの説明がありましたです。 確かに目的からして上に登る必要はないのかもしれませんが、この資料館での一番の驚きでした。 掃除とかどうしたんでしょうね。 さて、その後に寄ったのがふくろう茶房というカフェ。 そこにいるのは、こんな感じの鳥さんたちでした。 メガネフクロウ メンフクロウ いやぁ、そばでフクロウが見れるだけでもうれしいのに、 ふれあいタイムというのを別途申しこめば、触れるんですよね。 こんな所あるのなんて知らなかったから思わぬ出費になりましたが、家族全員それを上回る満足でした。 日の昼間に行ったら、待っている人がいて申し訳なくてなんかのんびりできなかったそうだから、 今度は平日の午後とかを狙おうと思います。 ほんと今日は暑い中、外で歩いて疲れたから日記はこの辺にて。 まぁ、地元を知っている人にしたら、この短い距離で2建もカフェに入って何してんねん。 と思われる距離だというのは内緒で☆。
posted by たぬべえ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93555001

この記事へのトラックバック
タグクラウド