2013年04月07日

ラーメンくらべ

最近、生麺タイプのラーメンがよくでてますよね。 自分でラーメンの麺を作るおいらとしては、どこが違うのか気になって仕方がない。 というわけで、麺を比べてみました。 今回食べ比べのために購入した次の2つです。 一つ目は、セブンイレブンやイトーヨーカドーで売っている、冷凍麺である レンジで簡単醤油ラーメン。 簡単に家庭で生麺を味わえるという評判を聞いたので買ってみました。 2つ目は、ラ王。袋麺ながら生麺の食感を再現したということで、きになっていたんですよ。まずは、値段から比較♪。 -冷凍麺100円 -ラ王 約100円 -自作 20円(麺のみ) 自作麺ですが、スープとしてバラ売りのスープを買うとだいたい50円。 足したら70円ぐらい。缶入りの固形スープのもと、なら一食分+30円で合計50円と。 ここまでしたら、ようやく半額。 まぁ、工数と釣り合うかどうかはわかりませんが、手作り麺のほうが安く作れます。 肝心な麺のこしですが、3種類とも麺の太さはほぼ同じ。 自家製麺がプリっと外側から弾ける感じなのにくらべて、 ラ王は若干麺の中、外側に近いほうにコシというか歯ごたえを。 冷凍麺は、もっと麺の真ん中のほうにもっちりした感じのコシがありましたですよ。 理由を求めて、成分を見ますとラ王は「小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食品繊維、チキンエキス、卵粉」でした。 大豆食品繊維というのは、あまり他で見ないからこれがコシの秘密? 繊維質を麺に練り込むことで歯ごたえを演出しているのかなぁとの印象。 冷凍麺は、「小麦粉、小麦たん白、卵白、かんすい、卵殻焼成カルシウム、着色料(クチナシ)」だったので、 グルテンをあとから混ぜてコシを出そうとしているのかなぁと思ってみたり。 ちなみに、自家製麺の分量(1人前)は、小麦粉 80g、かんすい 1g、食塩 約1gとなってます。 やっぱり作っている時間が違うだけに、生麺タイプに負けてなくてよかった?というのが正直な感想。 ただ、噛みはじめの麺の味が売っている麺はやはりつよい。 タンパク質である卵白の影響だろうなと。まぁ、卵麺にすると熟成するときの温度管理が大変になるから、 次回は食塩水でなく鶏がらスープの元を溶かした水で、麺を作ってみようかなぁと思っているですよ。
posted by たぬべえ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93555000

この記事へのトラックバック
タグクラウド