2011年06月12日

ipad でカタン

おもしろくて買うんだけど、なかなかプレイ相手が見つからず、死蔵しがちなボードゲーム。 最近こそ家族でプレイするので遊ぶ回数が増えましたが、カタンなんて買ってから何年間もプレイすることなくしまい込んでましたですよ。 で、最近買ったipadで初めて買った有料ゲームがこれ。カタン。 うんうん。子供達が寝ている間もプレイできるようになりました(w [app.png](http://itunes.apple.com/jp/app/catan-hd/id390422167?mt=8&ls=1)さて、カタンというゲームを知らない人に簡単に説明すると、1995年にドイツで発売された、もう古典ともいえる人気のあったボードゲーム。 でてくる資源をもとに地図上に町とか都市を建て、さらなる資源を獲得し発展を競うというシンプルなルールで、戦略性と運のバランスが良くはまる人も多かったですよ。 で、そのカタンがipadで600円で遊べると聞いて早速ダウンロードしましたです。 まだ発展版である海カタン(追加600円)には手をだしていませんが、感想としては良くも悪くもボードゲームのカタンそのまんまです。 うちには、ボードゲーム版と、ポータブルカタンがあるような状態なので、 多人数でプレイするならば、ボードゲームで遊べばよし。 ふと、一人で遊びたいときにコンピュータとプレイするならば、そこそこ楽しめますね。 ベーシックルールで遊んだ状況だと、子供達には負けないおいらの強さ程度だと、勝率7,8割。 そこそこ、コンピュータの思考レベルは強い感じで、楽しんでいます。 ただ、問題点としては、日本語対応していませんので初めての人にはすすめづらいかな。まぁ、おいらはボードゲームで遊び慣れているから英語を読まなくても普通に遊べるので問題なし。 また、http://iphoneac.com/catan.html のように解説しているページがあるから、 やりたいという気持ちがあれば、あまり問題なくプレイ出来るとおもいます。 あとは、始めに気がつかなかったこととして。 相手から資源の交換を持ちかけられたとき、交換レートをいじって交渉を持ちかけられる機能があります。 その機能は、たとえば、相手が羊1を粘土1に換えてくれという交渉をしてきたり、勝手に交渉のボード変更して羊でなくて木にしてくれとか、をコンピュータ相手にできると。 ずっと、Yes,Noでしか答えられないと思っていたので、思ったより本格的な気分。 結論とすると、ボードゲームをしたいけど、なかなか相手が見つからないという人にはお勧め。 これで遊んでから、他の人と遊ぶとさらに楽しめるでしょう。 んでも、ボドゲでなく一人で遊ぶのが好きな人にはお勧め要素がすくないかなぁ。 はぅ、ipadには海カタンの追加版やら、Ticket to Rideのシリーズがでていて、 暫くボード版は 持っているけどゲームが欲しいという状態が続きそうです。
posted by たぬべえ at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93554991

この記事へのトラックバック
タグクラウド