2010年04月10日

テストの花道

第2回は、情報を読み取る力でした。 手法としては、読み取った情報を列挙形式であげて、あとから○△×で客観視するれっきょ虫という手法と、 3段つっこみという問題から読み取った内容を3段階に分けてチェックする方法が紹介されてましたですよ。 ん?、今回はそれほどの魅力を感じなかったなり。ただし、勉強の仕方は、やはり今風だなぁと、妙に感心。 携帯で写真を取ってメールを互いに送信。 それを問題として、情報を読み取る練習をしていたですよ。 写真というものが、おいらの感覚の写真よりももって身近な感動の共有手段。 言葉にしなくても相手に手軽に伝えられる手段として日常的につかわれているんだろうなと。 ・・・いや、彼らの日常ではなく局側の考えた伝達手段なのはわかってますが、 取り馴れた感じとか、TV側の取り扱いが「電車に乗る」のと同じレベルの行為な感じがしてね。 脱線ついでに書くと、twiiter。文字+写真でつぶやけると楽しいんだろうなと思う。 今は、画像そのものではなく画像が置いてある短縮URLを書いて、そこから写真に飛ぶようになっているなりよ。それはそれで、行き先を示さずにリンクをたどらせる行為なので、あまり好きでないなぁと。
まぁ、セキュリティの観点はさておき、 つぶやきと写真を併用したいとおいらが思うのは、 おいらも写真を言葉にしなくても相手に手軽に伝えられる手段として捉えていることになる。 とすると、メールで交換してに新鮮さを感じたのは、 vs個人の連絡とvs不特定多数への発信の差ところなのか、それとも携帯に写真があたりまえという感覚なのか。うん、よく分からなくなったぞ(w 第一回の感想
posted by たぬべえ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信電波
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93554945

この記事へのトラックバック
タグクラウド